芳春庵ブログ

塾芳春庵の公式ブログです。
塾芳春庵とは、大学受験.高校受験,大学編入,大学院入試(院試)対策,英語指導(大学生/大学院生も指導)数学・物理(大学生/大学院生も指導),大学生の学習サポート,高卒認定試験(大検),高・中・小の学習指導を行う,京都府にある、古いこぢんまりとした個別指導/個人指導塾です。
受験前の時期の学習と受験時の心構について
 塾芳春庵伏見稲荷教室 塾芳春庵六地蔵教室 お問い合わせ(電話)0120-617-800

受験前の時期は、まだ十分に覚えられていないところ、理解できていないところをつぶしていくことが大切ですが、試験中は、その逆です

試験中は、
1)覚えているところ、理解できているところをていねいに解く。

2)出来るかどうかわからないもの、思い出せない問題、解法が浮かばない問題は、それで 時間を空費しないようにする。

3)特に、英語や国語の文章問題では文章を最初に読むときは余裕がない心理状態なので十分に読み取れないことが多いのですが、見直しで2度読みするときは、心理的な余裕があるために、文意が十分に読み取れるようになります。ですから、2度目に読み直すと、勘違いしていたりすることに気づくことが多いです。
見直しをすると、数学なども、題意を読み違っていたり計算間違いがあることに気づきやすくなります。ですから、出来るかどうかわからない問題に時間を浪費しないようにして、必ず見直しの時間をとりなさい。


Copyright © 1996-2015 Juku Ho-shun-an. All Rights Reserved.
| 塾芳春庵 | 塾長より | 21:03 | comments(0) | - | - | - |
受験生へ・・・・・塾芳春庵
 塾芳春庵伏見稲荷教室 塾芳春庵六地蔵教室 電話0120-617-800

受験生へ
 
         
  

以下に述べますことは、受験生だけでなくすべての塾生に当てはまります。

      例年申し上げていますが、試験直前期は、誰でも飛躍的に得点力が伸びます。また、集中力も格段に高まります。試験直前期の1時間はそうでない時期の何倍も効率がよいものです。・・・・・・・・・この原動力は、「なんとしてもこの学校に入りたい!なんとしてもこの試験に受かりたい!」という切実な気持ちです。・・・・・ですから、・・・・

◎目標意識を強く持つようにしよう

◎志望校の傾向に併せた学習をしよう

◎実際の試験をイメージして常に勉強しよう  

 試験中は、

1)できるもの、かんたんなものからやる。―これは、試験に対して助走効果があります―つまり、思い出しやすいものを思い出すことでそれ以外のこともますます思い出しやすくなるのです。自己肯定が行われるためにその人の記憶再生力、判断力、決断力、が促進され、問題解決能力が高まります。こうすれば実力が最大に発揮できます。

○授業中にも言っていますが、時間配分を決めて解くようにしてください。

(配点/満点)×試験時間≦その問題に当てる時間

     このようにすると、不思議と時間に余裕がでてきます。

2)わかりにくい問題や最初は思い出せないことでも後で見直すと思い出せたりすることがよくあります。これは、記憶の再生に必要な時間は、再生するそれぞれの対象とその人の精神的、生理的な状況とによって異なっているためです。その意味でも見直しの時間をとることが大切です。それも、2回3回と見直しできればいっそうよい。

3)最後の最後まであきらめずにねばること。最後の一秒で思い出すことがあります。

 


Copyright © 1996-2015 Juku Ho-shun-an. All Rights Reserved.
| 塾芳春庵 | 塾長より | 08:16 | comments(0) | - | - | - |
受験生へ・・・塾芳春庵
 塾芳春庵伏見稲荷教室 塾芳春庵六地蔵教室 電話0120-617-800

受験生へ
 
         
  

以下に述べますことは、受験生だけでなくすべての塾生に当てはまります。

      例年申し上げていますが、試験直前期は、誰でも飛躍的に得点力が伸びます。また、集中力も格段に高まります。試験直前期の1時間はそうでない時期の何倍も効率がよいものです。・・・・・・・・・この原動力は、「なんとしてもこの学校に入りたい!なんとしてもこの試験に受かりたい!」という切実な気持ちです。・・・・・ですから、・・・・

◎目標意識を強く持つようにしよう

◎志望校の傾向に併せた学習をしよう

◎実際の試験をイメージして常に勉強しよう  

 試験中は、

1)できるもの、かんたんなものからやる。―これは、試験に対して助走効果があります―つまり、思い出しやすいものを思い出すことでそれ以外のこともますます思い出しやすくなるのです。自己肯定が行われるためにその人の記憶再生力、判断力、決断力、が促進され、問題解決能力が高まります。こうすれば実力が最大に発揮できます。

○授業中にも言っていますが、時間配分を決めて解くようにしてください。

(配点/満点)×試験時間≦その問題に当てる時間

     このようにすると、不思議と時間に余裕がでてきます。

2)わかりにくい問題や最初は思い出せないことでも後で見直すと思い出せたりすることがよくあります。これは、記憶の再生に必要な時間は、再生するそれぞれの対象とその人の精神的、生理的な状況とによって異なっているためです。その意味でも見直しの時間をとることが大切です。それも、2回3回と見直しできればいっそうよい。

3)最後の最後まであきらめずにねばること。最後の一秒で思い出すことがあります。

 


Copyright © 1996-2015 Juku Ho-shun-an. All Rights Reserved.
| 塾芳春庵 | 塾長より | 08:32 | comments(0) | - | - | - |
伏見稲荷本部の近況報告
[塾長より]


 伏見稲荷本部教室で昼間部指導が始まって早くも3週間経ちました。
昼間部の生徒も学習塾部の生徒も皆さん集中して学習しておられます。
昼間部生は希望者のみ毎朝1時間ほどの散歩をしていますが、草花が美しく鳥の
声も爽やかです。

 毎日国内国外を問わず稲荷大社に参詣する方々が多く来られています。
特に最近は欧米の人が多いのが目立ちます。ところが参拝場所に全く英語の説明
がないので、欧米の方は何も分からないのでは?と思っていましたところ、眼力
大社のおばさんに頼まれて英文の説明を書きました。それを張り出したところ、早速翌日から
欧米の方々が詰めかけて、お茶をいただいておられました。

Copyright © 1996-2015 Juku Ho-shun-an. All Rights Reserved.
| 塾芳春庵 | 塾長より | 01:25 | - | - | - | - |
試験に際して
塾生の皆様へ
試験に際しては、次のことを念頭に置くこと
A)

試験直前は、

*試験直前期は気になるところ、苦手なところを集中的にやりなさい。
しかし、試験直前は全体に目を通しなさい。
*どんな問題が出るか、どんな形式で問題が出るか、そういった予想をしなさい。
過去の問題をやっていればそのような予想は十分できます。

B)試験中は、
*まず、問題をざーっと見渡しなさい。決してすぐに解かないように。一呼吸おくこと。
 
*どんな予想でも当たっていることがあったら喜びなさい。できそうな問題をまず見つけて喜びなさい。こうすることで自己信頼が飛躍的に高まります。
すると記憶想起力も判断力も高まります。
*どの問題から解くかを決めなさい。
*できる問題からやりなさい。
*(その問題に対する配点/満点)×試験時間=その問題に使える時間
です。どんな問題もこの時間以上の時間を使ってはいけません。
過去の問題からこの時間は前もってわかる。(授業中にも指示します。)
*見直しの時間を必ずとること。
*見直しは、できた問題から見ていくこと。何度も見直しなさい。
*見直しの際、最初できなかった問題に再度取り組むのか、それともできた問題を丁寧に見直すのかどちらにするのがよいかを自分で決断する。全くわからない問題に時間を無駄に費やすことがないように気をつけよう。
*最後の最後まで粘ることが大切です。

C)ある科目の試験が終わったら、
*終わった科目については一切忘れなさい。
*そして、次の試験科目の見直しをしたり、どんな問題が出るか予想したりしなさい。このようにして次の試験科目に精神を集中しなさい。

以上をしっかり守れば120パ−セントの力を発揮できます。

〜〜塾長より〜〜

Copyright © 1996-2015 Juku Ho-shun-an. All Rights Reserved.
| 塾芳春庵 | 塾長より | 01:25 | - | - | - | - |
試験中の心構え


塾生の皆さん!、(全国の受験を目前に控えた皆さんも!)、例年申し上げていますが、試験中の心構え、気をつけておくべき点を申しますので、心に留めておいて下さい。

試験中は、

1)できるもの、かんたんなものからやる。・・・・これは、試験に対して助走効果があります―つまり、思い出しやすいものを思い出すことでそれ以外のこともますます思い出しやすくなるのです。自己肯定が行われるためにその人の記憶再生力、判断力、決断力、が促進され、問題解決能力が高まります。こうすれば実力が最大に発揮できます。

2)授業中にも言っていますが、時間配分を決めて解くようにしてください。
(配点/満点)×試験時間≦その問題に当てる時間
     このようにすると、不思議と時間に余裕がでてきます。

3)わかりにくい問題や最初は思い出せないことでも後で見直すと思い出せたりすることがよくあります。これは、記憶の再生に必要な時間は、再生するそれぞれの対象とその人の精神的、生理的な状況とによって異なっているためです。その意味でも見直しの時間をとることが大切です。それも、2回3回と見直しできればいっそうよい。

4)最後の最後まであきらめずにねばること。・・・最後の一秒で思い出すことがあります。



Copyright © 1996-2015 Juku Ho-shun-an. All Rights Reserved.
| 塾芳春庵 | 塾長より | 15:19 | - | - | - | - |

一番上へ